pvo不定期日記ver1.003
pvoです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20151101 喜多直毅クアルテット「峻嶺」昼公演/夜公演

 ヴァイオリニスト喜多直毅さんのメインプロジェクト、喜多直毅クアルテットの昼夜連続公演にいって来ました。
このクアルテット、とにかく聞くのにも集中力をぐっともってかれるので、昼夜連続聞けるかなぁと若干不安になりつつも、結局通して聞くことに。いや、前回の二日連続も、両方いってよかったと心から思ったものですし。
 昼夜二連続公演ですが、両方の公演で曲のかぶり無しという盛りだくさんの内容。自分としては、圧倒的に夜の公演が素晴らしく感じました。昼と夜で大分印象が変わって、(選曲がある方向性に偏ってるとか、演奏による味付けが極端に違うとかそういうわけではないのにそう感じたのが不思議ですが)昼はより前に進んで行こうとする演奏、夜はより深く沈んでいくようなイメージを受けました。好きな曲は昼のほうが多いのですが、夜のほうが印象に深く刻まれるというのもまた不思議。今まで聞いた中でも一番よかった、と思える演奏でした。自分がようやく聞きなれてきて、個人個人の演奏に耳を奪われるというより、全体を聞けるようになってきたということもあるのかも。月と星のシンフォニーから、残された空へ、の冒頭が聞こえたときに、これで終わってしまうのだなぁという寂しさを感じながら、美しいメロディに浸りました。喜多カルの描く世界は本当に濃厚だからこそ、この曲で締めるのがよいのだなぁと。
 いやほんとう、聞いたことない方1人でも多くにこのユニットを聞いてほしいなぁと。

 次回は3月の平日だそうなので、いけるかどうかわかりませんが、なんとか休みをつくって足を運べたらなぁと思っています。今、自分が一番欲している音楽はきっとこれなのですし。

喜多直毅クアルテット
ヴァイオリン、音楽:喜多直毅
バンドネオン:北村聡
コントラバス:田辺和弘
ピアノ:三枝伸太郎


セットリスト(喜多さん公式ページより)
【昼の部】
1. 死人
2. 即興演奏
3. 酒乱
4. ふるさと
5. 熱病のテーマ
6. 影絵遊び
7. 轍
8. 峻嶺

【夜の部】
1. 鉄条網のテーマ
2. 思い出のテーマ(冒頭)
3. 燃える村
4. 麦畑のテーマ
5. タイトル未定曲
6. 少年兵のテーマ(冒頭)
7. 月と星のシンフォニー
8. 残された空
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

さぽている

プロフィール

PVO+

Author:PVO+
 自堕落人間かつゼノスレイヤーのpvoですあんまりやる気ないけど適当に生存報告をばです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ゼノスレ村

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。