pvo不定期日記ver1.003
pvoです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASTURIAS「MISSING PIECE OF MY LIFE」

 「名作樹霊から7年」と帯にあるとおり、日本のマイク・オールドフィールドとも呼ばれる多重録音プログレの名手、大山曜さんのプロジェクト「Asturias」本体の久方ぶりの新作となります。もうそんなに経過したのか、という思いもありますが、エレクトリック・アストゥーリアスの活動が比較的活発だったことが余計にそう思わせるのかもしれません。前作「樹霊」は大山さんの渾身の作品で、込められたエネルギーの強さに思わず息を飲むほどの作品でした。ハードルの高すぎる前作があるだけに、果たして新作はどうなるのか、という不安は感じていましたが、「lost」の試聴でそれを杞憂と思わせてくれて、矢張り大山曜という人は希代の音楽職人だと確信いたしました。

 樹霊の牧歌的なオープニングとは対照的なシリアスさを湛えた今回のオープニング「beginning」は、今作の方向性を象徴しているようにも見えます。トータルのアルバムとしてみると、A面、B面ということを意識しつつ、1曲目からsoul treesに向けて積み上げていくことを意識した「樹霊」と比較すると、A面終わりの「Lost」、B面最初の「Alone」を中心にしたアルバム、という形に聞こえました。
 星さんのチェロが全体を通して心地よく、3rdを懐かしく思いました。前作と比較するとより思うのですが、今回の「欠落」は、前作より大山さんらしい作品だよなぁと。前作は抽象的な世界にたゆたいながらも真っ直ぐ進んでいく作品なら、今回はより美しい世界に没頭させてくれる作品ではないでしょうか。ローテで聞くのが向いてるのが前作なら、今回は集中して1周を深く楽しむ、なんていう聞き方が向いている作品だと私は感じました。方向性は違えど、前作に迫る名作中の名作。樹霊を出しておいて、今回の欠落を出してしまえる大山曜という作家はもっと広く知られていい作家だと思います。

ASTURIAS「MISSING PIECE OF MY LIFE」
1.beginning
2.departure
3.sign
4.journey
5.lost

6.alone
7.rebirth
8.wandering
9.missing piece
10.resolution

お気に入りトラック…6
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

さぽている

プロフィール

PVO+

Author:PVO+
 自堕落人間かつゼノスレイヤーのpvoですあんまりやる気ないけど適当に生存報告をばです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ゼノスレ村

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。