pvo不定期日記ver1.003
pvoです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みとせのりこ「tSoLE」

 みとせのりこさんの新譜をツアーでゲットいたしました。
今回はミニアルバムで、作曲家の三滝航さんとのコラボレーションアルバム。
みとせさんとコンポーザーのコンビのアルバムというと、ユニットとしてやってらっしゃった井上俊彦さんとのキルシェ、ナルキさんとのORITA、コンセプトアルバムとしては弘田佳孝さんとのヨルガになるわけで、作曲家とがっつり組んでアルバムを作る、というのは、ミニアルバムにしても久方ぶりではないでしょうか。

 このアルバムに受けた第一印象は、「ヨルオトヒョウホン1.5」という感覚。ヨルオトヒョウホンはみとせさんが自分に影響を与えたコンポーザーに作編曲を依頼して作り上げたソロの1stアルバムですが、源流を多く共有する(とりわけ弘田さんの存在というのが大きいと思います)みとせさんと三滝さんの組み合わせというのは、あの作品から受けた印象と非常に近いものを感じました。本当に初コラボとは思えないほどの抜群の相性を見せています。
 ミュージシャンとしてベース、ギターにDaniさん、ギター太田光宏さん、ヴァイオリン菅野朝子さんが参加して、曲をより魅力的にしていますが、特にDaniさんは大活躍、というか、こういうベーシスト大好きっていうベースのフレーズがバンバン出てきて思わずほっこりしてしまいます。かっちょいいベースはプログレにおいては本当に大事。

 全5曲、総トータルでも25分を超えない作品ですが、ボリューム不足ということはなく、丁度心地よい長さに収められてると思います。一曲一曲が非常に濃く、民族系だったりヘヴィなロックだったりアコースティックだったり色んなエッセンスがぎゅっと濃縮されていていますが、これくらいのボリュームだと1アルバムとして消化しやすいので、通して聞くのに非常に良いアルバムではないでしょうか。必ずしもCDのサイズフルで使っているほうがいい作品、となるわけではなく、短いからこそ魅力を発揮するものもあるということで。

 初めてみとせさんに触れる場合、お勧めはどれ、となると、「ヨルオトヒョウホン」を第一に勧めて来ましたが、これからは「tSoLE」を推す事になると思います。それくらい耳に入りやすく、みとせさんの魅力が広く引き出されている作品ではないでしょうか。
本当にお勧め。

 この5曲の中で一曲を特に挙げるなら、一曲目の「the Sight of Left Eye」。コーラス作品ですが、みとせさんの声の美しさを存分に活かしたアレンジで、冒頭にこれがあることですんなりとアルバムに入っていけるのではないでしょうか。

 佐藤さんの新譜といい、ミニアルバムの名盤を続けて聞けて幸せです。こちらの作品は一般が11月20日と割と遠い上、みとせさんのライヴ情報も今のところ公開されていないので、ちょっとやきもきするかもしれません。三滝さんが参加されるイベントとかがあるならそちらをチェックするのもありかも?
http://www.amazon.co.jp/dp/B015TG1FB2/


みとせのりこ「tSoLe」

1.the Sight of Left Eye
2.窓
3.violzkar ~菫の地図~
4.カケラ
5.左睛の記憶

みとせのりこ:作詞、ヴォーカル、コーラス
三滝航:作曲、コーラス

Dani:ベース、エレキギター
太田光宏:アコースティックギター
菅野朝子:ヴァイオリン




 

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

さぽている

プロフィール

PVO+

Author:PVO+
 自堕落人間かつゼノスレイヤーのpvoですあんまりやる気ないけど適当に生存報告をばです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ゼノスレ村

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。