pvo不定期日記ver1.003
pvoです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

In Search Of The Soul Trees/asturias

isotst
 2008年11月発売。Asturiasは劇伴などで活躍するミュージシャン、大山曜のユニット。アコースティック・カルテットのアコースティック・アストゥーリアス、エレクトリック編成のバンドとして活動予定のエレクトリック・アストゥーリアス、そして何も冠しない通常のアストゥーリアスはマルチ(多重録音)・アストゥーリアスという扱いになります。

 アコースティックをのぞくアストゥーリアスとしての作品は実に約15年ぶり、ということでさんざ焦らされた?こともあり期待が兎にも角にも大きな作品だったのですが、そんな大きくなった期待すら軽く上回る驚異の作品でした。


 大山さんは日本のマイク・オールドフィールドと呼ばれるとおり、マイクさんの影響を受けた作品を、特にアストゥーリアスにおいては大きく打ち出してきたわけで、とりわけ1st,2ndに収録されていた20分に及ぶ大組曲がそれを物語っているわけであります。3rdは大曲はないものの、それらの成果を踏まえ、更にアコースティックとエレクトリックの混在と融合を打ち出し、後のアコースティック路線への先鞭となった面もあります。どの盤も非常に完成度が高く、捨て曲なしの傑作ばかり。
 今回の4thでは、それらに加えニトロプラスなどでの劇伴、アコースティックの活動、すべての集大成、といっては大げさかもしれませんが、A面B面でそれぞれひとつづつの組曲というコンセプトのもとに、凝縮されたエッセンスが仕込まれています。


 構築された曲が、適切な配置によってより力を得ている、という感覚。そして多彩なゲストミュージシャンが楽曲を彩り、飽きさせることがない。とりわけ三人のギタリストは個性が滅茶苦茶出ていて、あ、この人だとわかる音が走り回っているのが嬉しかったり。Flat122の平田さん、いい仕事してるわー。

 もちろんアコアスでともにやってきているメンバーも大活躍。元メンバーの北辻さんもおいしいところをさらっともっていってくれます。アルバムを通して聴いて、彼女のヴァイオリンが入るSoul Treesに至った時の高揚感はこれ以上ないものになっています。してやられた、と言っていいでしょう。うん。




 マイクさんのオマージュを行いつつ、かつどこを切ってもAsturiasな丹精さ、職人技の精緻を見せつけつつ、かつマルチプレイヤーとして温かみのある多重録音によっておりなされたこの作品。
 ぜひとも多くの方に聞いて頂きたい作品。そりゃ、全部聞くと熱量に圧倒されそうにはなりますが、はまる人はとことんはまるのだわ。
 でもマイナーすぎて中々名前は知られない罠orz


In Search Of The Soul Trees(樹霊)
ASTURIAS

Part1 (23:14)
 spirits 精霊の踊り
 revelation 啓示
 reincarnation 輪廻転生
 fountain 源流
 woods 迷いの森
Part2 (27:15)
 pilgrimage 巡礼
 paradise 雲上の楽園
 woods storm 嵐
 soul trees 木霊
 dawn 夜明け

POSEIDON RECORD/MUSEA
スポンサーサイト

空に吸はれし心/喜多直毅+黒田京子

空に吸われし心空に吸われし心
(2008/11/11)
喜多直毅+黒田京子

商品詳細を見る



 タンゴヴァイオリニスト喜多直毅、ジャズピアニスト黒田京子の二人のデュオによるアルバム。スタジオ録音ではなくホールを借りての録音ということだそうです。タイトルは石川啄木から

 購入したのは先年の秋のSALLE GAVEAUのライヴ会場でだったかと思います。ジャケットは蒼い空に黒が印象的なシックであり情景的なデザイン。やっぱりデジパックはいいものですなぁ。うむ。
 演奏に関してですが、デュオっていうのはやっぱり小編制ならではの独特の間が特にくっきり出やすい、ソロとは別の意味で個がくっきり出やすいところがあると思います。
 喜多さんということでしたから、どうしても緊張の張りつめた、或いは激しさの怒涛の中に起立する音楽があるかと思いきや、優しさが前面に出た演奏だったように思います。
 黒田さんだけ、でもまた違った音になるとは思いますが、なんというか包まれるような、それでいて少し距離を置いてみているようなそんなイメージが個人的には伝わってきました。大人の雰囲気というのとはまた少し違うのだけれど。
 ともかくこの二人が織りなす空気感に一枚を通して浸れる作品になっていると思います。一回聞いたあともう一回最初から通して聴きたくなるような、そんな作品。

 1トラックを選べ、と言われたら個人的にはSALLE GAVEAUのレパートリーでもある「黒いカマキリ」で。デュオならではの解釈はまたサルガヴォの解釈とは全然違って面白いです。



空に吸はれし心
喜多直毅+黒田京子

1.春
2. 帰心
3. 黒いカマキリ
4. Moon River
5. Woman’s Dance
6. 泥の川
7. 十五夜お月さん~小さな空~空に吸はれし心
8. ふるさと
9. What are you doing the rest of your life?

さぽている

プロフィール

PVO+

Author:PVO+
 自堕落人間かつゼノスレイヤーのpvoですあんまりやる気ないけど適当に生存報告をばです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ゼノスレ村

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。