pvo不定期日記ver1.003
pvoです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春秋左氏伝/小倉芳彦 訳

春秋左氏伝〈上〉 (岩波文庫)春秋左氏伝〈上〉 (岩波文庫)
(1988/11)
小倉 芳彦

商品詳細を見る



 儒教の四書五経のひとつ、「春秋」の伝の中で、最も名が高いのが左伝でしょう。岩波文庫から出ている訳書です。
 膨大な伝はまさしく説話集というにふさわしく、史記に勝るとも劣らぬ面白さがここにはあるでしょう。三国志ファンなら一度は手に取って見てはいかがでしょうか。
 訳は平易でわかりやすく、専門書的な読みにくさはほとんどないと思います。また、値段的にもリーズナブルなので手に取りやすい。
 春秋五覇らの事跡はもちろんのこと、大国と小国というもののありかた、君臣のありかた、当時の道徳とはいかなるものであったのか、また、次代を経るにつれて変わらぬもの、そしてかわりゆくものという歴史書ならではの面白さがここにはあります。

 ですが、この書物ではあまり気張らずに、一つの説話、一つの説話を読み物として楽しむのがいいのではないでしょうか。
スポンサーサイト

空の鼓動/オオフジツボ

空の鼓動空の鼓動
(2008/07/13)
オオフジツボ

商品詳細を見る



 アイリッシュ、スコッティッシュトラディショナルや、それをベースにしたオリジナル楽曲での活動をするトリオのアコースティックユニット、その1stアルバム。
 メンバーはギターの太田光宏、アコーディオンの藤野由佳、ヴァイオリンの壷井彰久。三人の頭文字をとって、オオフジツボ、というユニット名に決定したようです。


 内容としてはシンプルなジャケットにあった、爽やかなアコースティック・ミュージックといったところ。例えばAcoustic Asturiasが気に入るなら、これもまず気に入るでしょう。
 叙情的な歌謡曲っぽい音作りの太田のギター、牧歌的ながらも、情緒的なせつなさも醸し出す藤野のアコーディオン、正統派のアイリッシュにプログレッシヴさを交えた壷井のヴァイオリンと各人の特色が十分に出て、ソングライティングにもそれは発揮されていました。


 割と歌心溢れるメロディアスな曲が多く、アレンジも穏やかさをメインに映しているのでライトクラシックやヒーリングミュージック的な楽しみ方もできると思います。ただアクがそれほど強くない分、物足りなさを覚える方もいらっしゃるかも知れません。
 基本的にはジグなどのダンサブルなアイリッシュを基調とした音楽と思って聞けば間違いはないでしょう。三人が三人とも作曲をできる、というのが色合いの違いのアルバムに添えて面白いものです。




空の鼓動/オオフジツボ
2008年7月13日 TSUNAMI VOLCANO RECORDS



01.Eternal Reflection(壷井彰久)
02.Reel set#1(Traditional)
03.海鳴り(藤野由佳)
04.想い出は美しすぎて(太田光宏)
05.Jig set(Traditional)
06.country life(藤野由佳)
07.a bird had past(壷井彰久)
08.冬将軍の空(太田光宏)
09.紫陽花の庭(藤野由佳)
10. Reel set#2(Traditional)
11 .春一番(太田光宏)
12 .地蔵盆の夜(太田光宏)
13.Second Steps to Long Distance(壷井彰久)
14.Hector The Hero(Traditional) 

TOKYO HUMMING/上野洋子

TOKYO HUMMINGTOKYO HUMMING
(2008/09/10)
上野洋子

商品詳細を見る



 劇伴、CM作曲などをメインに、ジャンルはポップスからロック、ワールドミュージック、はたまたインプロ、アヴァンギャルドまでと幅広い音楽性を打ち出して、作曲のみならず美声とマルチプレイヤーっぷりも武器に活躍するミュージシャン、上野洋子のアルバム。


 彼女はasteriskというポップス、インストメインの個人プロジェクトを抱えておりますが、今回は個人名義でのアルバム。彼女の特色の一つである多重ヴォーカリーズを軸に据えたアルバムとなっています。1stソロ「Voices」、それに続く「Puzzle」、あるいはマーシュマロウのメンバーを迎えた「自然現象」に連なる作品と見れば間違いないでしょう。(にしてもいろんなレコード会社から出ていますな)




 アルバムの内容としては一言でいえばとにかく賑やか。もう一言つけ足せばひねくれてる、っていうとこでしょうか。キュートなポップスにこれまたかわいらしいヴォーカルが重なるものもあれば、クラシカルな様式美の上を駆けるものもあり、意表をついた展開あり、生活音を用いたり、インプロヴィゼーションで磨いた小技を利かせたものももちろんあり、クールなオケの上に複雑なコーラスワークで飾りつけた技もありで、一曲一曲が短い分、そこに十分すぎる情報量を込めた作曲郡になっていると思います。
 それでいて一聴してもそこまで重くならないあたりは上野洋子らしい細やかな気遣いがあるからでしょう。コンセプト・アルバムであり、東京を散歩する際のBGM、的な感覚で作られたそうです。東京恐ろしいところ!(ぇ
 めまぐるしく変わる音の風景につられていくうちに、あれ?もうアルバム終わり?っていう感覚が味わえること請け合い!といいたいですが、やはり万人受けはしにくいかも。
お題目にあるような「散歩のBGM」にはちょっと向かないような気もしますが、それもらしいといえばらしいのかもしれません。
 


 上野洋子の世界の一端、たっぷりとご堪能あれ、といったところでしょうか。よりポップスに寄った作品ではあるので、聞いていて愉快になる作品だと思います。やわらかさとストイックさを兼ね備えた上野洋子ならでは。ヴォーカリーズだけでなく多彩な楽器にも注目。
 とはいえこれはあくまで彼女の一面にすぎないので、Asteriskや、あるいはインプロのライヴ録音なんかの他の側面ぜひぜひ期待したいところです。






TOKYO HUMMING/上野洋子



1. home 6:24 a.m.
2. komazawakoen 7:00 a.m.
3. jingumae 7:48 a.m.
4. marunouchi 8:52 a.m.
5. hamarikyu 9:45 a.m.
6. daikanyama 11:02 a.m.
7. hiroo 11:50 a.m.
8. zoshigaya 1:23 p.m.
9. nishishinjyuku 2:37 p.m.
10. hyakuninncho 2:49 p.m.
11. nukebenten 3:22 p.m.
12. kagurazaka 4:10 p.m.
13. nezu 5:09 p.m.
14. azumabashi 6:27 p.m.
15. miyukidori 8:34 p.m.
16. azabujyuban 11:41 p.m.
17. ariake 2:11 a.m.
18. home 3:58 a.m.


おすすめトラック…8

Kara*Kora~Hymmnos Orgel Collection~/志方あきこ

Kara*Cola ~Hymmnos Orgel Collection~Kara*Cola ~Hymmnos Orgel Collection~
(2008/08/25)
志方あきこ

商品詳細を見る



 志方あきこの同人サークルVAGRANCYから出版された作品。副題の通り、PS2のRPG、「アルトネリコ」シリーズを彩る主題歌、ED、BGM、挿入歌の中から、志方あきこが関わるものをチョイス、それをL-M-P(Lost Music Planet)の手によるリアレンジを施して収録しています。


 アルトネリコシリーズは、基本的に多重コーラスを売りにした、ややオーケストラチックな雰囲気を生かした作品が多く、ここに収められたものの原曲も例にもれずほとんどがそのような作風で作られているのですが、それをオルゴールというシンプルな音色を使ってどう表現してくるのか、というのが一つの聞きどころであったでしょう。


 個人的には、総じてアレンジとしてこなれていないというか、やや原曲のイメージに引きずられすぎて折角の「オルゴールアレンジ」という題目が生かせていない印象を受けました。
 どちらかというと中のライナーにもあったとおり、オルゴールのシンプルさをいかしてというよりは原曲の壮大さのイメージに近づけるという作業に近かったのではないでしょうか。
 そこは賛否両論あるところだと思います。アレンジで原曲のイメージを尊重するか、はたまたひっくりかえすのを目指すかっていうのはいつだって難しい選択だとは思いますし。
 しかしオルゴールの音が打ち込みとはいえ、もう少しオルゴールらしさを残した引き算を駆使したしあがりにしてほしかったところではありますが、もとよりあくまでアルトネリコのプロジェクトの一環、志方あきこ名義で出る作品、という二つを考えると、このほうがふさわしかったのかもしれません。


 ボーナストラックのみは志方あきこの歌唱つき。こちらはめずらしくややシンプルな歌声が聴けます。やや不安定さのあるソロヴォーカリーズが、独特の色彩を童謡風味の曲に添えていい雰囲気をだしていると思います。


 ブックレットはタイトル文字が銀の箔押し。中のライナーには元曲の作曲陣三人、アレンジャーそれぞれの今回のアルバムに際してのコメントが載っています。






Kara*Kora/志方あきこ


1. 謳う丘~Harmonics EOLIA~
2. EXEC_CHRONICLE_KEY/.
3. つがう命の声
4. EXEC_PAJA/.#Misya extracting
5. EXEC_HARMONIUS/.
6. EXEC_PHANTASMAGORIA/.
7. 星詠~ホシヨミ~
8. 謳う丘~Harmonics FRELIA~
9. 恋模様~春~
10. METHOD_IMPLANTA/.
11. METHOD_METAFALICA/.
12. ざわめく動悸~クローシェ~
13. EXEC_over.METHOD_SUBLIMATION/.~omness chs ciel sos infel
14. Forgotten waltz
15. ペペン
16. ぺぺんのうた(Bonus Track) ※詩魔法「ぺぺん」のロング&ヴォーカルバージョン


おススメトラック…12



 

さぽている

プロフィール

PVO+

Author:PVO+
 自堕落人間かつゼノスレイヤーのpvoですあんまりやる気ないけど適当に生存報告をばです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ゼノスレ村

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。