pvo不定期日記ver1.003
pvoです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/29 MASARA in 樂游館

 さて、言ってまいりましたMASARAのライヴ。このMASARAというバンドは、ギターの高木潤一、フィドルの太田恵資、タブラの吉見征樹の三人からなるバンドで、その音楽性は無国籍、あるいは多国籍で自由奔放といったかんじ。太田さんは私が一番好きなヴァイオリニストでもありますし、吉見さんも豊田での一噌さんのとき拝見して以来この人凄いな、と思わされた方ですのでこれはいかなければ、ということで予約。


 さてさて、当日私は少々体調がすぐれなかったので、車で行くことに。約26kmの距離を経て、会場のある常滑市小倉町についた、は良いのですが……み、道が狭い。いえ、町並みが歴史あるというかそういう佇まい残すように車だと少々通りにくい道が入り組んでいてですね。ty駐車場の場所を把握するのに苦労しましたですはい。


 会場は雰囲気のいい、昔ながらの家といいますか、まるで祖父の家に行ったようなそんな気分に錯覚させられます。手ぬぐいやらなにやらの小物類まで売っていますが、基本はなんというか普通の民家、といったところ。歴史ある建物ではあるのですが、待ち時間を潰している間にブレーカーが落ちたりするのがなんともほほえましいというかw


 さて、会場は二階に移動して、ですが、こう広間にばらばらに好き勝手な場所に座ってってかんじの席どり。そうそう一杯になるような人数ではなかったので結構余裕を持って座れますです。ステージは竹で区切って板敷いて、でシンプルそのものwあ、サイレント映画上映用のスクリーンはありましたが。




 そうこうしているとお三方登場。進行、司会役は太田さんが務め、リーダーの高木さんは黙っていたのが妙に印象的でしたw
 最初はサイレント映画上映してから始める予定でしたが、即興の演奏をつけることになったので二部冒頭に廻そうということになったとか。


 早速演奏開始。各人のソロがたっぷりフューチュアされたり、兎も角盛りだくさんの曲が多かったのですが、MASARAのライヴでは予めセットリストを決めて、ということはないそうで。その場の雰囲気みたいのにもあわせてどれやっていく?というかんじで進めていくそうです。成る程。


 第二部では予告どおりサイレント映画にあわせての即興……なのですがこれが合う合うwww。個人的にはこの日の中でも大収穫といっていいと思います。冒頭なんてちょっと合いすぎた、なんて太田さんが主わず言ってしまいましたし。喜劇のサイレントって今みても楽しいものなのですね。約30分程のそれが終わると、曲に戻ります。
 お食事会の関係もあってアンコールはさっぱり目、と、とても融通の聞くバンドであるところも見せていただきましたw




 演奏の感想としては、兎も角素晴らしいの一言。名手たちの繰り出す音に酔いしれました。そして何より雰囲気がいいんですよね。特に太田さんの発する気には、やっぱ一番好きなヴァイオリニストはこの人だなぁとつくづく思わせられました。




 聞くところに寄るとMASARAは初ツアーということなのですが、是非是非第二段、三段を楽しみにしておりますです。
スポンサーサイト

8/23 ドラゴンクエスト4ファミリーコンサート in 愛知県芸術劇場にいってみました

 いやぁ、結構面白かったです。
8/23、場所は愛知県芸術劇場のコンサートホール。私がここを訪れたのは二度目で、一度目知人のマンドリン部の発表会だったのですが、今回は初めていわゆる「フルオーケストラ」と呼ばれる類のものを味わってきました。




 私はもともとこのフルオーケストラっつー編成に苦手意識があったのですが、今回ので大分払拭された感覚が。こういう楽しみ方もあるのだなといったかんじで。あんまドラクエ自体にもそれほど親しんでいないのですが(マテ)ゲー音ならなんとか大丈夫だろうと思ったのがあたりました。


 席の位置はパイプオルガンの真下、ということで丁度指揮者と上からではありますが向き合うような位置取りで(笑
 元々この位置って出演者側が使う(歌手などが)席でもあるのでちょっと変わった感覚がしますよね。で、問題点は舞台奥のほうが丁度座席の真下になるので見えないこと。次回があれば今度は正面から見てみたいところですw
 パーカッション結構激しかったですしね。各部の終盤の曲は圧巻でしたし。


 第一部はMC入れながらゆったりとした展開で、第二部ではMCを挟まずに兎も角演奏、演奏でしたが、おかげでちょっと「呼吸」が掴みにくかったかなと。普段ポップスやジャズに慣れているせいもあるのでしょうが、拍手のタイミングとかが掴みづらい。
 あとちと残念に思えたのは、ソロが魅せるタイプではなかったかな、と。やっぱり調和を大事にするのかな、とも感じましたが、折角のソロならもっとはじけて欲しい、と思うのはやっぱちょっと変わったヴァイオリン奏者の聞きすぎですかそうですか(ぇ
 まぁやっぱりクラシック奏者にはクラシック奏者の文法があるということですよね。


 全体的には和やかな雰囲気で、奏者が楽しんでるって感覚が伝わってきたのは○ですね。オーケストラっていうのを味わってもらうという試みとしては成功しているかもしれません。


 でもまぁ個人的には違う編成でも聞きたいなってのはありましたw例えば「王宮のメヌエット」をブロークンコンソートでやるとか。古楽器も折角だから普及させようじぇ!


 すぎやまさんのMCに関しては、ちとテンポ悪いかなと思うときもありましたが、アンコールでのは中々面白かったですw
 ともあれまた名古屋に来ることがあるなら安いですしいってもいいかなってかんじですはい。ではセットリスト






交響組曲「ドラゴンクエスト」Ⅳ 導かれし者たち




第一部


1.序曲
2.王宮のメヌエット
3.勇者の仲間たち
4.街でのひととき
5.勇者の故郷~馬車のマーチ
6,立ちはだかる難敵




第二部


7.恐怖の洞窟~呪われし塔
8.エレジー~不思議のほこら
9.のどかな熱気球の旅
10.海図を広げて
11.ピサロ~ピサロは征く
12.謎の城
13.栄光への戦い
14.導かれし者たち




アンコール


EN1.荒野を行く
EN2.レベルアップ
EN3.宿屋
EN4.この道わが旅




指揮:すぎやまこういち
演奏:セントラル愛知交響楽団



 

Proof of Concept/KBB

 さてさて発売されましたよん。正式には19日だそーなのですが、ディスクユニオンで先行販売のを通販でゲットー!!!
 前作がライヴ盤だったのでスタジオ盤としては更に久しぶりなのですが、いやはややってくれましたw


 感覚としては、今までより更にヴァリエーションが豊かになったっていうか、ポチャやERAからのフィードバックみたいなのも感じさせる曲群だと思います。シンフォはシンフォなんですが、ある程度シャープさを交えた曲が増えてきたなとか。音の感覚というよりは曲の感覚として、ですけど。ああ、ツアーやってくれないかなー
あ、個人的なオススメ曲は8のOrder from Chaosで。






Proof of Concept
KBB


1.Inner Flames
2.WEIGH ANCHOR!
3.Stratosphere
4.INTERMEZZO
5.Rice Planting Song
6.Lagoon Nebula
7.40 degrees
8.Order from Chaos




KBB are
壷井彰久:ヴァイオリン
高橋利光:キーボード
Dani:ベース
菅野詩朗:ドラムス

ライヴ~

 予定よりは少なかったけどいくつか行って参りました。
一つはJazz inn LovelyでのSalle Gaveau。
 結構古くからやっている店なのでそういった雰囲気の店かなと思っていましたら、カウンターに立つ方も若く、また内装なども小じゃれたかんじで居心地よかったです。
 私は下戸なのでジンジャーエールを頼んだだけですが、隣の席の女性はお任せでイメージだけを伝えてカクテルを注文したりしていて、なるほどと思ったり思わなかったり。

 ギター鬼怒無月、ヴァイオリン喜多直毅、ピアノ林正樹、アコーディオン佐藤芳明、ベース鳥越啓介といった超豪華面子が揃うスーパーユニットの演奏だけあって、至極満足。アヴァンギャルドな雰囲気も出しつつ、そちらに振り切れたりはしないそこらへんの感覚も絶妙。どの方も凄いのですが、矢張りリーダーである鬼怒さんの多彩さっていうのは特筆すべきものがあるかと。いやはや。
 タンゴを基調にしながらも様々な要素が絡み合う楽しい音楽をアジあわせていただきました。至福~。


 もう一つというか二つは、今池TOKUZOでの梅津和時KIKIBANDのなんと2days。一日目が新譜からの演奏をメイン、二日目はそれ以外の今までの曲からの名曲集、ということで、まだ音を一度も聞いたことないにも関わらず予約してしまいました。
 サックス梅津和時、ギター鬼怒無月、ベース早川岳晴、ドラムジョー・トランプという編成なのですが、兎も角圧倒的なパワーといいますか、ロックといいますか。とりわけベースの早川さんとドラムのトランプさん。へヴィでした。
 一日目もよかったのですが、二日目は更に熱くなった演奏で、これだけ激しい音楽というのも久しぶりでしたので聞いてるだけで疲れもしましたがwともかく二日間堪能させていただきました。
 新曲もやってほしいですがやっぱり旧曲も聞きたいのが人情というものですのできついでしょうがまたこういう風にやってほしいw
 
 予定としては小松亮太さんのも行く予定でしたが都合により断念~。
ウンベルティポトリオは今回はスルーで。次はどのライヴいきましょうかねー。東京でのKBBも聞きに行きたいところろではありますが・・・。

さぽている

プロフィール

PVO+

Author:PVO+
 自堕落人間かつゼノスレイヤーのpvoですあんまりやる気ないけど適当に生存報告をばです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ゼノスレ村

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。