pvo不定期日記ver1.003
pvoです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼーガペインADP

 劇場版アニメーション「ゼーガペインADP」を鑑賞してきました。
ゼーガペインはアニメ視聴から離れていた私が、アニメを再度見るようになったきっかけになった作品です。なんで見ようと思ったかは覚えてないけど。伊藤岳彦作品だったからかなぁ。

 当時は売上の低さから1ゼーガ、なんて呼ばれてたり、深夜放送でやったほうがよかったんじゃ、なんて言われてたアニメでもありますが、ああしてあの時間に見ることが出来たっていうのは今にしておもうとすごく良いことだったと思います。ものすごく出来のいいアニメとか、そういうわけじゃないし、美麗な映像を売りにする作品っていうわけではありませんが、通してみた時の充実感、要所要所の演出の巧みさ(セリフと音楽面は特筆すべきかも)で、ファンになった人の心をぐっと鷲掴みし続けた作品です。今や売れっ子となった浅沼さんや花澤さんの初々しい演技も作品に見事にはまっておりました。

 さて、今回の劇場版、単純な総集編ではなく再構成、ということは言われており、事実その通りの内容でした。
TV版で作られた映像素材を元に、新規シーンを追加する、というのは劇場版では常套ではありますが、ゼーガペインという物語の構成を活かし、TV版の映像の持つ意味を脚本/演技の変更により、TV版にたどり着くまでの物語にリライトしてしまうという大胆な試みがされていました。特番で冒頭が公開されていたので、物語開始以前の話がADPで展開されること自体は想像がついたのですが、それで丸々一本つくられてしまうというのは完全に想定外でした。

 図としては全く同じシーンであっても、前のループの物語である、ということが付与されると、意味合いとしてはかなりかわってくるんですよね。ループ毎において、おおよそ同じことが起こる、しかし全くおなじことの繰り返しではない、という点と、劣化していく世界という点も表現されていて、世界観の表現もより濃縮して描くことで、ゼーガペインの魅力も明瞭に出ていました。

 一方、2時間という短い時間の中でそういった描写をガンガン盛り込んでいった一方、物語の展開としてはぶつ切りというか、一本の映画としてみると、「総集編」という色が強くでてしまった面はあります。そもそも総集編として企画がはじまったものなのでやむを得ないというか、2時間であれもこれもは無理という点もありますが、キャラクター個人と個人の関係性というところで特に出てしまったのは物足りなさを感じました。キャラクター個人の信頼関係みたいなところは、それぞれ描かれていましたが、キョウとシズノに関してはちょっと唐突に感じたかなぁと。まぁそこをじっくりやろうと思ったらそれだけで別の一本の映画が出来そうなわけですが。
 そういう意味で、新作の総集編を見てる感覚にはなりました。ただ、このぶつ切り間もある程度意図的なのかなぁと考えてしまうところもゼーガ的ではあるというか…。むぅ。

 総じていえば、物足りなさを感じはしたものの、演出で魅せるゼーガペインの魅力というものを堪能できました。普通の総集編映画では味わえない満足度だったように思います。

 この作品、ゼーガペインのBD箱が発売された時の為の入口としてもともと企画されたようですが、内容を鑑みると完全にゼーガペインファンの為の作品になっており、あえていえば「ゼーガペイン好きがまたゼーガのTV版をぶっ通しで見たくなる作品」であるといえます。ゼーガを一度も見たことが無い方にはおすすめできませんが、BDを買うほどではないにしろファンであった方には十分に勧められる作品です。もう一回見に行こうかな…
 
スポンサーサイト

幻想水滸伝4音楽集「もうひとつの世界」/arr 吉野裕司

 Vita Nova主宰であり、アニメ「まりんとメラン」や「狼と香辛料」のBGMでも知られる吉野裕司さんのアレンジによる作品。
幻想水滸伝シリーズは様々なジャンルのエッセンスを加えたアレンジアルバムが発売いますが、吉野さんはその中でも「orrizonte」「ケルティックコレクション」などのエスノ色の強いアレンジ盤を手掛けていらっしゃいました。

 アレンジ作品ではあるものの、感覚としてはVita Novaで手掛けていたような形で吉野さんならでは、というアレンジになっています。元々Vita Novaも完全なるオリジナル楽曲で構成されたアルバムは東雲とsuzuroくらいで、オリジナルも交えつつトラッドやクラシック、ロックの名曲をアレンジしたものも主軸としていましたので、元々アレンジャーとしての気質が強い方ということもいえるかもしれません。


 今回も比較的エスノ色の強いアルバムとなっていますが、豪華ミュージシャン勢の活躍が目立ちます。群島が舞台の4ということで、カリビアンな色も加えつつ、超ごった煮風味といったところ。小川紀美代さんや小林智詠さんといったタンゴで活躍されている方もフィーチャーされていて、無国籍風味をより強めています。この二名の太田惠資さんのヴァイオリンをフィーチャーした「上陸」、あとはジャズ色の強い歌モノ「ララクルのテーマ」が特におすすめ。yoshikoさんの架空言語による軽妙なヴォーカルと、鬼怒さんのエレキと太田さんのヴァイオリンが印象に残ります。

 アレンジモノではありますが、ごった煮かつ重くなりすぎない出来になってるので、コンセプトが明確なVita Novaよりとっつきやすい仕上がりになっていると思います。おすすめ




Laulu/Vita Nova

 最近ライヴレビューとか、新譜購入感想ばっかりだったので、たまには新譜以外のCDの感想も。
今回は劇伴/CM曲作家としてもおなじみの吉野裕司さんのプロジェクト「Vita Nova」のセカンドアルバムについて。
吉野さんは「狼と香辛料」「まりんとメラン」等のサントラや、みとせのりこさんへの曲提供でご存知の方も多いかもしれません。
このVita Novaというプロジェクト、参加ミュージシャン勢が毎回豪華なんですが、特色としてはヴォーカリスト勢の華々しさが挙げられます。2ndもEPO、本間哲子、遊佐未森、上野洋子、葛生千夏、juri(黒百合姉妹)と個性派ぞろい。

 本作から上野洋子さんを副プロデューサーに迎えたこのプロジェクトですが、この2ndにおけるテーマはコーラス、ということで、ジャズや民謡、そしてオリジナル曲にコーラスアレンジを添えた形が中心になります。1stは古楽とポップス、ということでアレンジに関してはかなり統一性のとられたアルバムといった印象でしたが、2ndは盛りだくさんといった印象。その中でも特に印象的なのは、本間哲子さんヴォーカル、上野洋子さんコーラスの「the moon isn't here」でしょうか。どこか舌っ足らずさも感じる本間さんのヴォーカルが、さみしげな子守歌といった風情を思わせます。葛生さんの荘厳さと疾走感が絶妙にマッチした「riu,riu,chiu」や、EPOさんの曲の上野洋子さんによるカヴァー「時の川」のシンプルなコーラスアレンジなど、複雑なコーラスとシンプルに美しく感じるコーラスと、さまざまなコーラスが聞けて楽しめます。おすすめ。

20160502 Eraスペシャルセッション in 代官山晴れ豆

 なかなか年末に都合がつかず、ここ2年くらいいけてなかったEraスペシャルが、GWにやるということで久々に参加しました。
今回もおなじみのメンバー。Eraのお二人(ヴァイオリン壷井彰久/ギター鬼怒無月)に、ベース佐藤研二、キーボード難波弘之、パーカス岡部洋一というメンツ。

 晴れ豆には30分以上前に到着しましたが、すでに大行列でした。やっぱり人気高いよなーと改めて。最前列はバンド編成だと流石に聞きづらいので、テーブル二つ目あたりに陣取りました。最初は純正Eraの演奏から始まったんですが、久方ぶりに演奏されたというプロペラがすごくよかった。このユニットって、割とある程度間をおいて演奏された曲がすごくよく聞こえることがあるんですよね。以前聞いたときとがらっと変わるからかしらん。

 スペシャル編成での最初の演奏はのっけから「Ee-Wah-Kee」!いや、もう本当にこの編成でのこの曲のハマりようといったらないです。Eraの場合、疾走感の高いハイテンションで駆け抜ける曲は多いけど、こういうぐっと盛り上がる曲って意外とそんなに多くはないので、その分余計にこの曲が光ります。

 今回、全般的に難波さんのピアノの活躍が多くてたまりませんでした。やっぱりEraスペシャルはkeyよりピアノ多めのほうが映えますね。もともとの編成がアコースティックだというのもあって。佐藤さんのゴリゴリベース、そして岡部さんのパーカスの心地よいことといったら!こういう演奏聞くと、ボンフルも一回生できかなきゃなーとつくづく思います。うむ。


 全編通してクライマックスという言葉が嘘でない極上の演奏を堪能しました。この編成だとやっぱりイーワーキー、そしてウェアウルフの恰好よさが本当に光ります。特に前者はこの編成のために書かれたといってもおかしくないくらいのはまりようなので、いつか録音してほしいなーと。

 次回年末も都合があえばいきたいところです。

20160421 ヨルダン・マルコフ・ブルガリア三重奏団(ヨルダン・マルコフ、佐藤芳明、渡辺庸介) in カフェドリトル

 ガドゥルガ奏者ヨルダン・マルコフさんが率いるブルガリア三重奏団のライヴにいってきました。以前佐藤さんのライヴで聞いたヨルダンさんの曲がよかったというのもありまして。

 駅からちょっと距離あるので、久方ぶりの運転もかねて、車でいってきました。駐車場空いてなかったらコインパーキングで、というつもりでしたが、なんとか一台あいてたのでそこに。おしゃれなカフェという形で、お客さんで大賑わいでしたが、十分なスペースのある会場でしたので席もゆったりしておりました。ブルガリア音楽って普段聞くことが無いので新鮮でしたが、ガドゥルガの音は本当に情緒たっぷりで、古楽とかあっちが好きな人にもたまらないんでないかなと。勝手に静かな曲が中心かな、なんておもってましたが、こうハイテンションな曲が続きます。ブルガリア音楽ってこんなノリのいい音楽なのね、と少々びっくりしましたが、本当にゴキゲンサウンドといった感覚です。佐藤さんのアコーディオン、こういう曲に入るといいアクセントになるなーと。

 インスト曲も多めでしたが、歌も非常にぐっとくるものが多かったです。一番良かったのは、1stセットで演奏されたマケドニア民謡の曲でした。曲名しっかりきいとけばよかったとあとになって後悔…!

 今回のツアーは三重奏でしたが、五重奏団もあるようなのでそっちも聞いてみたいなーと。「にぎやか」なのが似合う曲が多かったですし。アルバムも期待!!

さぽている

プロフィール

Author:PVO+
 自堕落人間かつゼノスレイヤーのpvoですあんまりやる気ないけど適当に生存報告をばです

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ゼノスレ村

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。